検査・病理

質問回答|残尿測定検査と腹部超音波(エコー)検査は同時に算定してもいいですか?

2020年5月24日

こんにちは、こあざらし(@ko_azarashi)です。

読者の方からレセプトの算定について質問がありましたので、回答をシェアします。

レセプトの算定に関する質問

残尿測定検査(超音波によるもの)を算定していますが、腹部エコーも同時に算定しても問題ないでしょうか?

医師のオーダーの問題もありますが、両方算定するときもあれば、残尿測定検査のみ算定する場合もあります。

超音波で残尿測定してるので、残尿測定してたら漏れなく腹部エコー算定して問題ない気がしています。

こあざらしの回答

残尿測定のみを目的としたエコーであれば残尿測定の点数で算定するようになってます。他に何か疾患の可能性があり、それを見ているとかであれば腹部エコーの算定をしますが、目的によって算定可否が異なってます。

なるほど、たしかに腎結石や膀胱結石の経過観察の記録はありました。残尿測定のためだけのエコーは算定不可ということですね。
質問者さま
こあざらし
残尿測定のエコー=残尿測定の点数での算定になりますのでそうなるかと思います。
質問回答|慢性維持透析患者外来医学管理料にパーサビブ静注は包括されませんか?

こんにちは、こあざらし(@ko_azarashi)です。 質問をいただいたので、回答をシェアします。

続きを見る

レセプトで慢性疼痛疾患管理料の算定が査定になる理由

こんにちは、こあざらし(@ko_azarashi)です。 今回は慢性疼痛疾患管理料の査定事例についてまとめてみました。 目次レセプトで慢性疼痛疾患管理料の算定が査定になる理由初診月マッサージ又は器具療 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

こあざらし

医療事務(診療所・病院)、レセプト審査(保険者)、医科歯科事務経験、介護事務経験あり。ブログは、査定事例の解釈・レセプト実務に必要な知識を重点的に更新♪

-検査・病理
-, ,