検査・病理

質問回答|TRACP-5bの6月に1回の解釈について教えてください

2020年5月24日

こんにちは、こあざらし(@ko_azarashi)です。

読者の方からレセプトの算定について質問がありましたので、回答をシェアします。

レセプトの算定に関する質問

tracp-5bを算定する際、経過観察で行うのですが、6月以内に1回と決められているのは、1回測定したらもう算定してはいけないということですか?

それとも、6ヶ月毎に一回算定していいのですか?

また、補足として、算定を悩んでいる患者は、ボナロンを打っているので、ガイドラインには、ボナロン投与中の長期治療中の患者はtracp-5bの測定が推奨されているみたいです。

こあざらしの回答

通知(13) 「25」の酒石酸抵抗性酸ホスファターゼ(TRACP-5b)は、代謝性骨疾患及び骨転移(代謝性骨疾患や骨折の併発がない肺癌、乳癌、前立腺癌に限る)の診断補助として実施した場合に1回、その後6月以内の治療経過観察時の補助的指標として実施した場合に1回に限り算定できる。また治療方針を変更した際には変更後6月以内に1回に限り算定できる。

TRACP-5b

診断補助時(疑いのとき)は1回限りとなるようですが、治療経過という確定診断後に関しては6か月に1回の頻度であれば算定可能という解釈です。

また、治療方針を変更した場合も変更後6月以内に1回の算定が可能となっていますので、診療内容によっては6月以内に2回以上となるものも中にはあるかもしれません。

レセプトで外来迅速検体検査加算の算定が査定される理由

こんにちは、こあざらし(@ko_azarashi)です。 外来診療でよく算定するものと言えば、外来迅速検体検査加算(外迅検)の算定です。 それだけ算定する頻度が高ければ、査定事例にも出会うはず。 こあ ...

続きを見る

レセプトで外来管理加算の算定が査定される理由

こんにちは、こあざらし(@ko_azarashi)です。 今回は外来管理加算の査定事例についてまとめてみました。 目次レセプトで外来管理加算の算定が査定される理由対象診療行為と同日次回検査来院指示時慢 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

こあざらし

医療事務(診療所・病院)、レセプト審査(保険者)、医科歯科事務経験、介護事務経験あり。ブログは、査定事例の解釈・レセプト実務に必要な知識を重点的に更新♪

-検査・病理
-, , ,